1. TOP
  2. 活用事例
  3. ワークプレイスをつなぐ 徳島県庁のトライアル

ワークプレイスをつなぐ
徳島県庁のトライアル

医療つな木

医療使用例

1

「つな木」を用いたインテリアデザイン

「誰でも、オフィスで気軽に木を用いることはできないか」、あるいは「木に囲まれた空間では作業効率が上がるのか」といった課題や疑問に取り組むべく、徳島県庁スマート林業課プロジェクト推進室に計14 台の木質ユニット「つな木」を導入しました。

2

県庁職員がWSスタイルで組立

これらの「つな木」は、県庁職員および徳島県木材協同組合連合会が、累計3日ほどの作業時間で、自らの手で組立て、設置しました(木育ワークショップ)。設置後は、デザインや汎用性、利便性など、今後のユニット改善の糧となる県庁職員の意見が収集され、様々なトランスフォーム案の検討もなされました。

県庁職員がWSスタイルで組立
設置後のトランスフォーム

3

設置後のトランスフォーム

例えば、コロナ対策として飛沫防止策を講じたり、徳島県の伝統技術を施した化粧板を席に取付けるなど、早速、いくつもの変形が加えられています。